FC2ブログ

リトの生息記録

記録をつけるということは即ち生きている証拠なので

Entries

「お茶の間」があった時代

27時間テレビ
ネットでビートたけしさんがお姉さまと共演すると知って
テーマそっちのけで「見たい」と思いました。

「菊次郎とさき」を読み、ドラマでも見ました。
NHKの番組で一度お顔を見たことがあったように記憶しています。

「菊次郎とさき」
これはたけしさんのご両親のお名前で
北野家のエピソードが書かれているのですが
この本では
たけしさんがお姉さんからの電話を受けて軽井沢の病院に入院していたお母さん(さきさん)のお見舞いに向かう
(当時)上野発「特急あさま」に乗り込むところから始まります。

別にお母さんの容体が悪くなったとかではなく、あまりたけしさんがお見舞いに来ないので
お母さんが「親不孝だ!」と言ってるから、顔見せに来なさいよ、的な話でした(笑)

そんな本の中でお姉さんのエピソードといえば

「ピーちゃん鳥鍋事件」でしょう。かなり有名なお話です。

ひよこの時から飼ってたニワトリのピーちゃんを
学校に行っている間にお父さん(菊次郎さん)が絞めて夕食の鳥鍋にしちゃった“事件”
安子さんは泣きながらおかわりをしたっていう。

そんなお二人の27時間テレビのテーマ「食の歴史」は
シンプルに、子どもの頃食べていた白米でした。

番組内で、お姉さんのことを
「姉ちゃん」と呼ぶたけしさん。

「お姉ちゃん」でも「姉さん」でもなく「姉ちゃん」

なんかほっこりするなぁ。。

そういえば、お兄さんのことも

「あんちゃん」って呼ぶんですよね。昔はよく共演されていました。
時々呼び捨てで呼んでたり(笑)
家じゃないんだから!(笑)

お姉さんもまったく普段通りに接していらっしゃって、年が離れていることもあって
いつまでたってもかわいい弟さんなんでしょうね。

小学校の担任の先生だった藤崎先生も出ていらっしゃった。
お母さんがいろいろ面倒みてあげてて、お父さんにあやしまれたって言う。
ドラマでは西島秀俊さんが演じていらして、お父さん(陣内孝則さん)とのエピソードが好きでした。
藤崎先生は、ドラマではなぜか9割がた北野家の縁側から家に入っていました(笑)

あっ、さきさんを演じていらっしゃったのは室井滋さんでした。最強夫婦でした!

そうそう「菊次郎とさき」は何度も読んでいるのでまた思い出したんだけど
お母さんのお葬式のエピソードもなかなかのものでした。

「お葬式には妙におかしなところがあるんだね」と書かれていて
まぁ色んなことが書いてあるのだけれども
それこそたけしさんのご家族だし参列者も芸能関係者が多かったみたいだから
面白おかしくなってしまったんだろうと思って読んでいました。

でもね
本当に、一般人のお葬式でも、そういうことあるんですね~。
というのも
春に祖母が亡くなったのですが
まさしくお葬式の日しかも一番最後の「お別れ」の時に
想像もしなかったハプニング?的な出来事がありまして
しんみりするはずの場が一転思わず笑っちゃったんです。

その瞬間、「ああ、『菊次郎とさき』に書いてあることは、どこの家でも起こるのかな」
って思い出しました。

そんなわけで
TVで仲良し姉弟を見られて良かったです。





スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

トラックバック

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

左サイドメニュー

blogram

blogram投票ボタン

プロフィール

littleuk

Author:littleuk
生息地:地球
生態:夜行性
好きな食べ物:カレー
好きな乗り物:新幹線
近況:読書

FC2カウンター

twitter

Run&Walk

enjoy blogram!

お出かけしよう

右サイドメニュー

ブログ内検索

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム