リトの生息記録

記録をつけるということは即ち生きている証拠なので

Entries

コスモス畑をみつけました

午前中の雨がなんとか止んで
少し青空ものぞいたけど
まだまだ厚い雲がどんよりとかかったお昼時

週末は台風だということで
せっかくの選挙権が無駄にならないように
期日前投票をしに市役所に行ってきました。

で、その道すがらみつけたコスモス畑。

     2017コスモス畑1 
お!結構きれいじゃん!

         2017コスモス畑2
キレイに咲き誇っております

     コスモス畑③ 
こうやって町の人がきれいに整備してくれるおかげで、楽しむことが出来ました。


スポンサーサイト

行けばいくほど味が出る?上田の旅(終わり)

今回、もう一か所行きたいところがあって
原町の暗渠を見た後駅に向かったのですが

なんと
電車の時間がリトが駅についた数分前に出た次が

50分後。

え?
なんで?こんなに時間が開くの?

実は夕方他に行くところがあって
その時間までに上田駅に戻ってこなくてはなりません。
この時刻表だと
帰りも何時になるか分からないので、今回は諦めました。

もう歩き疲れたし
次の予定時間までは中途半端に時間が余ってるし
さてどうしよう?

とりあえず
馴染みのお土産屋さんに行きました。
お蕎麦とかグッズとかなんかいっつもたくさん買っちゃうんだよね。
数日前に、このお店からブドウの詰め合わせセットを頼んで送ってもらったばかりでした。
とっても美味しかったので、レジで支払うときに
奥さんにそのことを話したら、名前を憶えていてくれました!
ビックリしましたが
結構長いお付き合いなので、新幹線の駅になる前の駅前の話とか懐かしい話に花が咲きました。
「また上田来たら寄りますね~」と店を出ました。

続いて向かったのが、コインロッカー。
住んでた時は特に用事のなかったコインロッカー。
上田駅のコインロッカー(くどい!)を使うのは初めてです。

・・・どこにあんの?
駅構内、矢印通りに進んでも、外に出るばかり。
あれ?実はリト、方向音痴なのかな?

いやいや、いったん外に出たところにありました。
実に不思議な場所にありました。
ICカードで決済できる型のロッカーで、小銭なくても大丈夫でした。
車内販売もそうだけど
SuicaとかのICカードで決済できるので、お財布出す手間が省けて楽なので
お出掛けの時は、多めにチャージしておくと便利ですね。

     真田昌幸公スポット 
夕方も市内で楽しい時間をすごしていましたが
予想外に時間がかかってしまって
予約していた新幹線の時間がギリギリになってしまいました。

上田駅に着いたのが発車20分前。
ここでやること。
①お手洗いを済ませる
②コインロッカー(外だよ!)で荷物を出す
③駅中のコンビニで頼まれたお土産を買う(ここしか売ってなさそう)
④JR東日本のガチャをやる(小銭は準備してある)

バタバタと買い物を済ませ、
改札を通り
ヒィヒィいいながら階段を上って
なんとか間に合いました!

目的があった日帰り旅でしたが
無駄な動きも多かったので
もっと目的をはっきりさせて、下調べを綿密にしないといけませんね。
泊まりなら行き当たりばったりなのもいいですが
日帰りだとそうはいかない。
反省点も多い旅になりました。

でも!
上田は行くたびに発見があり
思い出も甦るし
本当に楽しいです。

またお邪魔させていただきます!!
写真は原町の眞田十勇士ガーデンプレイスの一角。
▽コメントリスト

どこへ続いていくのでしょう?

原町郵便局から通りを隔てた場所にやってきました。

     原町④ 
       
再び、川が流れていました。
水量も、郵便局の方で暗渠になる前と同じくらいに戻っています。
謎だ・・・やはりどこか見えないところで支流があるに違いない。。

       原町③ 
川はまた曲がって、住宅地の方へと向かっていきました。
いつか、この川の流れだけを追って街歩きをせねばなるまい!!
     
▽コメントリスト

街を守るためなら犠牲も覚悟で?!

信州上田街歩き
再び原町に戻ってきました。

「ブラタモリ」で原町郵便局の近くに川がある(矢出沢川からの延長です)
暗渠になっているらしい
→普通は橋をかけて敵が攻めて来たときに落として遮断する
→この場所は広めの橋を架けた上に、橋の上に家までつくっちゃう
→敵、攻めてくる。普通に町だと思って侵入する
→家が乗っかった橋ごと落とす
という防御の仕掛けが真田時代に作られたのでは?という推察を番組でやっていました。

     原町① 
川、というか、用水路っぽいですね。
発見しました。

       原町② 
上の写真の延長です。
ふたがしてあります。右上は家が建っていました。
どういうわけか、水量が激減していました。
別の方向へ流しているのでしょうか?

「ブラタモリ」の本にも、ここの写真が載っていました。
ここから手前はもう川ということがわかりません。
駅に通じる大きな通りが通っています。

地図を見てみると
その通りを隔てたところで、再び川が流れていることがわかったので、道を渡ることにしました。

     
▽コメントリスト

常盤城の名の由来を知りたくなりました

矢出沢川(上田城外堀)沿いを歩けば
上田大神宮に出て
そこを曲がれば再び原町に戻ります。

地図を見ればそうなっているんだけど
川で少し涼んで暑さから解放されたリトは
そこを辿らずに(次回は辿ります!)
川に行く途中で見かけたお寺に向かいました。

遠目に見ても目立つ大きなお寺。
「あのお寺」かも。。

       芳泉寺③ 
芳泉寺さんです。
やはりそうでした!
真田信之公の妻、小松姫のお墓があるらしいです。
ここにたどりつくまで、常盤城(ときわぎ)という地区を歩いてきたのですが
うだつのある家が多かったです。

それにしても、この門
一目でニヤリとしました。
真田家の家紋で有名な六文銭(六連銭)と、徳川の家紋、葵の紋が一緒になっています。
小松姫の父親は本多忠勝ですが、真田信之公と結婚した時は徳川家康の養女になっていたそうです。

信之公はそんな縁で徳川の家臣として父親や弟とは別の道を進むことになりましたが
「真田丸」を見てもそうでしたが
嫁さんと、自分の本家(昌幸パパ、源次郎)と板挟みになったり、気苦労は絶えなかったでしょうね。(にしても長生きされましたな!)

       芳泉寺① 
信之公が松代に移ったあと上田城に入城した仙石家の霊廟もあるんですね。

       芳泉寺② 
この芳泉寺さんですが、門の手前にこのふたつの看板があった以外は
特になんの案内もなさそうな雰囲気。
もちろんお寺さんなので檀家さんのお墓もあるわけで、観光地、というわけではないですし。
門からそうっと覗いてみたのですが
まるで人気がなく、なんだか申し訳ないのでそのまま引き返しました。
▽コメントリスト

左サイドメニュー

blogram

blogram投票ボタン

プロフィール

littleuk

Author:littleuk
生息地:地球
生態:夜行性
好きな食べ物:カレー
好きな乗り物:新幹線
近況:読書

FC2カウンター

twitter

Run&Walk

enjoy blogram!

お出かけしよう

右サイドメニュー

ブログ内検索

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム